リクルートカードプラス


2016年3月15日をもちましてリクルートカードプラスの新規お申し込みは終了いたしました。

国際ブランド:JCB

還元率:2%~

年会費:2,000円+(消費税)

電子マネー機能:なし

海外・国内旅行傷害保険:3,000万(自動付帯)

家族カード:年間1,000円+(消費税)

ETCカード:年会費無料

JALマイルも貯まる

申込み:18歳以上(高校生不可)

比較リストに追加する

リクルートカードプラスとは

リクルートが発行する、屈指の高還元率をほこるクレジットカード

クレジットカードが利用できるお店なら、どこで利用しても「2.0%」のポイントが還元され、さらにリクルートのWebサービスを利用することで、プラスアルファのポイントが付与される。

リクルートポイントとポンタポイントが統合されたことにより、貯めたポイントはポンタポイント提携店でも利用が可能。

さらにポンタポイント 2ポイント ⇒ JALマイル 1マイル への交換も可能です。

海外・国内旅行傷害保険が3,000万まで自動付帯

利用付帯の保険が多い中、自動で保険が付帯するクレジットカードは数多くありません。

海外旅行、国内旅行時、持っているだけで安心できるクレジットカードです。

さらにショッピング保険も年間200万まで付帯されていますので、何かと安心。

2016年3月15日をもちましてリクルートカードプラスの新規お申し込みは終了いたしました。

リクルートカードプラスはこんな人にオススメ

  • 節約家で「お得」好きである
  • 「損」をするのが嫌い
  • Pontaが使えるお店を良く利用する
  • リクルートのWebサービスを良く利用する
  • どのクレジットカードを選んで良いのか迷っている

上記項目に当てはまる方は作っておいて損はないクレジットカードです。 他にクレジットカードをメインで使っていたとしても、乗り換える価値は十分にあると思います。

  • 消費税アップなんて気にしない…
  • 「得」なんてしなくて良い
  • 他のクレジットカードで満足している
  • そもそもクレジットカードが嫌い

上記に該当する方にはオススメはしません。

「リクルートカードプラス」はどのくらいポイントが貯まるの?

1.ネットショッピング
月々3万円×12ヶ月=36万円(7,200ポイント)
ポンパレモールなら、18,000ポイント

2.美容院代
2ヶ月で1万円×6ヶ月=6万円(1,200ポイント)
ホットペッパービューティーなら2,400ポイント

3.友人との旅行
年2回×3万円=6万円(1,200ポイント)
じゃらんnetなら、2,400ポイント

4.携帯電話代
月々1万円×12ヶ月=12万円(2,400ポイント)

5.光熱費
月々2万円×12ヶ月=24万円(4,800ポイント)

6.通勤・通学定期券代
月々1万円×12ヶ月=12万円(2,400ポイント)

7.お買物
月々2万円×12ヶ月=24万円(4,800ポイント)

8.交際費
月2回×5,000円=12万円(2,400ポイント)

年間で最低でも26400ポイントGET!

リクルートのサービス経由なら39600ポイントGET!

このようにシミュレーションしてみると、年間にどのくらいのポイントを獲得できるのか解りやすいですよね。

年会費は2,000円かかりますが、2,000円以上の「お得感」があることは解っていただけたと思います。

現金で支払いをするよりも20,000円分以上のポイントを獲得することができます。

逆を言ってしまえば…現金で支払いをするのは「損」ではないですか?

「リクルートカードプラス」利用者の声

リクルートプラスカードを作ったきっかけは、知人の紹介でした。それまでは楽天カードを使用していましたが乗り換えて大満足です。節約家やポイントを貯めてショッピングに利用したいかたには間違いなくオススメのカードです。

ひでおさん

会社員, 36歳、東京都在住

旦那とともにリクルートカードプラスを利用しています。家族カードとしてポイントが合算されて貯まりますし、毎月でる固定費などの出費はリクルートカードプラスで支払っています。今では現金の支払いは考えられません。

みゆきさん

主婦, 29歳、福岡県在住

仕事柄、出張が多く飛行機に乗る機会が多いのですが、PontaポイントをJALマイルに交換可能になったのをきっかけにリクルートカードプラスに乗り換えました。塵も積もれば山となるとはこのことですね。JAL利用者にはオススメのクレジットカードではないでしょうか。

もっくんさん

会社役員, 42歳、愛知県在住

リクルートカードプラス比較一覧

リクルートカードプラスとリクルートカードを比較

リクルートカードプラス

  • bulb_image

  • 国際ブランド:JCB
  • ポイント還元率:2.0%
  • 年会費:2,000円 + (税別)
  • 家族カード:1,000円 + (税別)
  • 旅行保険(国内・海外):最大3,000万円(自動付帯)
  • ショッピング保険:年間200万円

リクルートカード

  • recuruitcard01

  • 国際ブランド:JCB / VISA
  • ポイント還元率:1.2%
  • 年会費:永年無料
  • 家族カード:永年無料
  • 国内:最大2,000万/
  • 海外:最大1,000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険:年間200万円

他の高還元率クレジットカードと比較

リクルートカードプラス

  • bulb_image

  • 国際ブランド:JCB
  • ポイント還元率:2.0%
  • 年会費:2,000円 + (税別)
  • 旅行保険(国内・海外):最大3,000万円(自動付帯)
  • 電子マネー機能:なし
  • 交換可能ポイント:リクルートポイント、ポンタポイント

漢方スタイルクラブカード

  • kanpou

  • 国際ブランド:JCB/VISA
  • ポイント還元率:1.5%
  • 年会費:初年度年会費無料 2年目以降1,500円
  • 旅行保険:(国内)1,000万円※利用付帯・(海外)2,000万円※自動付帯
  • 電子マネー機能:なし
  • 交換可能ポイント:Jデポ

オリコカードザポイント

  • oricothepoint

  • 国際ブランド:VISA/Mstercard
  • ポイント還元率:1.0%(ネット利用で還元率UP)
  • 年会費:無料
  • 旅行保険(国内・海外):なし
  • 電子マネー機能:iD,QUICPay
  • ポイント交換先:豊富

レックスカード

  • rexcard

  • 国際ブランド:JCB/VISA
  • ポイント還元率:1.5%
  • 年会費:初年度年会費無料 2年目以降2,500円(年50万以上の利用で無料)
  • 旅行保険(国内・海外):最大2,000万円
  • 電子マネー機能:なし
  • ポイント交換先:Jデポ

「漢方スタイルクラブカード」、「レックスカード」は相継ぐ改悪により、魅力は半減してしまいました。初年度年会費は無料ですが…常時還元率が2.0%、保険が自動付帯などを考えると、やや「リクルートカードプラス」に軍配があがりそうです。 還元率や付帯保険を優先するなら「リクルートカードプラス」、年会費無料で電子マネーの機能が欲しかったら「オリコカードザポイント」と両者引けを取らぬメリットがあります。

リクルートポイントの貯め方

pontapoint
2015/11/24よりリクルートポイントとポンタが統合しました。

リクルートポイント⇒ポンタ提携店で、ポンタポイント⇒リクルートのWebサービスで使えるようになり、格段に便利で使いやすいカードとなりました。

リクルートIDをすでにお持ちの方は、ポンタWebにコネクトし統合することができますし、これまでと同様にリクルートのWebサービスでも使うことができます。

※注意:リクルートカードを使って、直接ポンタポイントが貯まるわけではありません。

リクルートポイントが貯まる・使えるサービス一覧表

(宿・ホテル予約サイト):+2%

(レストラン予約・グルメ情報サイト):+2%

(ビューティーサロン検索、予約サイト):+2%

(クーポンやチケットの共同購入サイト):+2%

(ネット通販・ショッピングサイト):+3%

(電子書籍・マンガ・小説サイト):+3%

(ゴルフ場予約・検索サイト):+1%

(会員限定の招待制ファミリーセールサイト):+2%

(下着・ランジェリーの通販サイト):+3%

(マタニティグッズやベビー用品の通販サイト):+1%

(有機野菜などの食材宅配サイト):+1%

(リクルートポイントが貯まる決済アプリ):+2%

(築地市場や全国各地こだわりの名店の味を少しずつまとめてお取り寄せできる会員制宅配サービス):+1%

(オンライン英会話サイト):+2%

(家具通販サイト):+2%

(三越伊勢丹×リクルートの総合ギフトサイト):+1%


上記のネットサービスを利用することで、通常の還元率「2.0%」にプラスしてポイントが貯まります。

ネットショッピングを良く利用する方はポンパレモール「5.0%」

旅行をする方ならじゃらん「4.0%」

美容院はホットペッパービューティ「4.0%」など

様々な生活シーンで「お得」にご利用いただけるサービスが多数あります。

貯まったポイントは、リクルートポイント 1ポイント → Pontaポイント 1ポイントに交換できます。

ポンタポイントが使えるお店一覧表

ローソン、ローソンストア100、ライフ

コジマ通信販売、サンプル百貨店、つなごうモール、netprice、Petponta.jp、HMV、ローソンフレッシュ、エルパカBOOKS、Loppi

AOKI、サンキューカット、JUMBLE STORE、2nd STREET

ビックカメラ

大戸屋、ケンタッキー、ピザハット

昭和シェル石油、オリックスレンタカー

Dental Ponta

H.I.Sオンライン予約限定、H.I.S地球旅市場、JAL、JAL ABC、H.I.S国内宿泊予約サイト、Suprice、ルートインホテルズ

カラオケ本舗まねきねこ、GEO、GEO宅配DVDレンタル、GEO動画、HMV、EMTG、SEGA

B&D、ヒマラヤSPORTS&GOLF

上記のお店でポンタポイントは使用可能です。

リクルートカードプラスを使用して貯めたポイントを上記のお店で使うことができます。

さらに今後も提携店は増えていくと思われますので、ポイントを有効活用して賢く生活の足しにしたいものですね。

リクルートカードプラスのメリット・デメリットまとめ

メリット

  • どこで利用しても2,0%以上のポイントが貯まる
  • nanaco,モバイルSuicaにチャージしてもポイントが貯まる(2016年9月16日まで)
  • 海外・国内旅行傷害保険が3,000万円自動付帯
  • お買物安心のショッピング保険も付いている
  • ETCカードの年会費が無料
  • 貯まったポイントはJALマイルに交換可能

デメリット

  • 年会費がかかる
  • 家族カードも1,000円の年会費がかかる
  • 電子マネー機能がない

リクルートカードプラスの口コミ・評判まとめ

リクルートカードプラス
  • ユーザーの評価
  • 集計 4.14 評価
    4.14 / 5 (7 )
  • 82.8%
  • (7)

集計 4.14 評価
4.14 / 5 (7 )

82.8%


  • ポイント還元率
    ユーザー: 81%
  • 年会費
    ユーザー: 64%
  • 付帯サービス
    ユーザー: 61%
  • 発行スピード
    ユーザー: 68%
  • デザイン
    ユーザー: 72%


評価: 3
3 /5 stars

  • ポイント還元率
    ユーザー: 50%
  • 年会費
    ユーザー: 50%
  • 付帯サービス
    ユーザー: 50%
  • 発行スピード
    ユーザー: 50%
  • デザイン
    ユーザー: 50%

改悪続く…

日付 2016-08-01 15:18:01

改悪が続きますね…
愛用していただけに残念です。



評価: 4
4 /5 stars

  • ポイント還元率
    ユーザー: 50%
  • 年会費
    ユーザー: 100%
  • 付帯サービス
    ユーザー: 80%
  • 発行スピード
    ユーザー: 70%
  • デザイン
    ユーザー: 80%

ネックは年会費

日付 2016-01-19 13:34:54

年会費が2000円もかかってしまうので最初は悩みましたが、ポイント還元率が2%もあるし、期間限定のポイントももらえるので、こまめにつかっているとあっという間にポイントがたまって元が取れます。
貯めたポイントで美容院に行けたり旅行に行けるのがお得感があります。
カードのデザインもシンプルで好きです。
発行した時は知らなかったのですが、ポンタポイントと連携しているのもローソンやケンタッキーによく行くので地味に助かっています。
注意としては、たまにJCBが使えないところがあり、私は通っている整体ではJCBのカードが使えません。よく使うお店がJCBが使える、現金よりカード派の方は持っていて損はないと思います。
年会費無料でVISAがよければリクルートカードがオススメですね。



評価: 4
4 /5 stars

  • ポイント還元率
    ユーザー: 90%
  • 年会費
    ユーザー: 60%
  • 付帯サービス
    ユーザー: 50%
  • 発行スピード
    ユーザー: 75%
  • デザイン
    ユーザー: 80%

ポイントがたまりやすく、使いやすい

日付 2016-01-12 17:01:21

最初は試しに無料のリクルートカードを使用していましたが、ポイントの使い勝手がよく、ポイントもたまり易いのでリクルートカードプラスに変更しました。
・ポイント還元率
会社の飲み会はHOTPEPPERで予約できるし、あっという間にポイントがたまります。
たまったポイントで美容院に行けるので、ヘッドスパをやってみました。
・年会費
2000円なので少し高いですが、ポイントがたまりやすいので気になりません。
あまりカードを使わない人だと損かもしれません。
・付帯サービス
まだ使っていませんが、自動付帯なので安心しています。
・発行スピード
早かったです。
・デザイン
シンプルなので出す時に恥ずかしくないです。



評価: 4
4 /5 stars

  • ポイント還元率
    ユーザー: 100%
  • 年会費
    ユーザー: 71%
  • 付帯サービス
    ユーザー: 50%
  • 発行スピード
    ユーザー: 88%
  • デザイン
    ユーザー: 100%

黒一色で綺麗なカード

日付 2016-01-12 11:23:07

・デザイン
黒一色のデザインは渋くてかっこいいです。あまり安っぽくないので他人に見られても恥ずかしくないカードだと思います。
・発行スピード
審査スピードは特に遅くもなく普通だとおもいます。
・ポイント
なんと2%つきます。これはかなりお得なカードだと思います。リクルート系列の会社で使うと更にお得になります。出張が多い方はじゃらんをよく使うと思うので有利ではないでしょうか。私はポンパレをよく使います。ここもお得なのでおすすめです。
・年会費
年会費がかかるのでその点は注意が必要です。私はこのカードをあまり利用していないのでもしかしたら赤字になっているのかもしれませんが、よく使う人には年会費を気にしなくてもポイントで補填出来ると思います



評価: 4
4 /5 stars

  • ポイント還元率
    ユーザー: 100%
  • 年会費
    ユーザー: 50%
  • 付帯サービス
    ユーザー: 50%
  • 発行スピード
    ユーザー: 80%
  • デザイン
    ユーザー: 70%

還元率2倍の最強カード

日付 2016-01-10 10:34:40

年会費が2000円かかりますが、還元率2%はクレジットカード業界広いですがナンバーワンです。
年間27万円以上クレジット決済される方はリクルートプラスカードの方がお得です。
還元されるポイントはリクルートポイントからポンタポイントに変更になり、リクルートグループのサービスだけでなく、
ローソンをはじめとしたポンタ提携加盟店で直接使えるようになるのも非常に大きいです。
私はこれまでリクルートポイントをポンタポイントに交換してローソンのコンビニ支払いを浮かせていました。
毎月10万円のクレジット支払いをした場合、2000ポイントも還元されるわけですから本当にありがたいなと思います。
リクルートプラスカードがあると節約生活が本当に捗りますよ!



評価: 5
5 /5 stars

  • ポイント還元率
    ユーザー: 80%
  • 年会費
    ユーザー: 50%
  • 付帯サービス
    ユーザー: 70%
  • 発行スピード
    ユーザー: 50%
  • デザイン
    ユーザー: 50%

リクルートポイントの便利さたるや

日付 2015-09-12 13:04:58

今回はリクルートプラスカードについてお話します。リクルートプラスカードは2%のポイント還元率ときわめて高いポイント還元率と、リクルートグループの便利さやポンタカードとの連携の便利さが特徴なカードです。これらのリクルートカードのメリットについてひとつずつお話します。ひとつめは2%のポイント還元率です。年会費は2000円ですが、これを支払うことによって1.2%の還元率から2%に上がります。2000円÷0.8% は25万円です。この金額、月額にして2万円プラスα。公共料金などを支払っただけでほぼ到達できるのではないでしょうか。その他の日常生活用品などを購入すれば間違いなく年間25万円どころではありません。月追加で1万円使っていた場合は年間にしておよそ1000円分の還元額がかわります。これが一つ目のメリットです。
次にリクルートグループの業種の広さです。旅行される方は「じゃらん」、ゴルフされる方は「じゃらんゴルフ」、買い物なら「ポンパレモール」、クーポン購入サイトで「ポンパレ」、飲み会なら「HOTPEPPER」、赤ちゃんが生まれるなら「赤すぐ」、お中元には「キノギフト」、人間ドックには「人間ドックここカラダ」、新鮮野菜の通販では「Oisix」などなど、しかもそれらの期間限定ポイントがそこそこの頻度で付与されます。それらを有効活用すれば相当の財テクとなること間違いありません。
最後にこれらのポイントの使い方として「ポンタカード」があります。このポンタカード、普通のコンビニポイントカードとはわけが違います。ただ使うだけだと1Pt=1円ですが、ローソンのロッピーを使うことにより、30Ptでお茶一本が購入できたりすることもあります。丁寧に財テクをなさる方には間違いなくオススメのカード、それがリクルートプラスカードです。
是非これを機会に皆さんも使ってみてください。



評価: 5
5 /5 stars

  • ポイント還元率
    ユーザー: 95%
  • 年会費
    ユーザー: 65%
  • 付帯サービス
    ユーザー: 80%
  • 発行スピード
    ユーザー: 65%
  • デザイン
    ユーザー: 75%

ポイントがガンガン貯まる

日付 2015-09-12 13:01:53

元々、年会費のいらないポイント還元率が1%のカードを使っていたのですが(1%でも他のカードに比べると充分高いポイント率なんですが)、リクルートカードプラスを知って、リクルートカードプラスに変更しました。
リクルートカードプラスは、リクルートカードと比べると年会費が2,000円程必要となりますが、ポイント還元率が0.8%違うので、年間250,000円以上カードを利用するならば、リクルートカードプラスの方がポイントがたっぷりもらえてお得です。
水光熱費や携帯代、年金等々、月々かかる経費をカード払いにするだけで、年間250,000円以上にはなると思いますので、充分に元は取れると思います。
また、たまったポイントは、じゃらん等で使えるので、貯まったポイントで年に1回旅行に行ったりもいいと思います。
最近では、ポイントが使えるサイトがどんどん増えており、人間ドックのサイトなんかもあったりして、とてもありがたいです。
さらに、ポンタカードとのポイントの交換も可能になり、ますますポイントが増やせ、使える場所が増えており、使い勝手がどんどん良くなっています。
付いている信販会社もJCBですので、海外で使おうとすると使えないところもたまにありますが、日本国内で使う分には何ら支障なくどこでも使えます。
買い物は、現金派という方もいらっしゃるでしょうが、節度を持って使えば、同じかかるお金ですから、現金でもカードでも同じだと思います。
ましてやカードにはポイントが付いてくるので、その分お得になると思います。
中でもこのリクルートカードプラスはポイント率がすごくいいので、とても良いと思います。