タイのバンコクで風邪をひき救援者費用がおりキャッシュレス診療を受けた例(楽天カードJCB)

タイのバンコクで風邪をひき救援者費用がおりキャッシュレス診療を受けた例

06778cc750d186edb8ab2e4e470d1528_s

クレカ先生
クレカちゃんは海外旅行で病気になった経験はありますか?
クレカちゃん
いえ。。

運よくまだありません。

クレカ先生
海外では、いつなにが起こるか解りません。

海外でのトラブルで怪我の次に多いのが病気なんです。

水が合わずお腹を壊したり、気候の変化に体がついていけず病気をすることは日常茶飯事。

もし体を壊してしまった場合。

海外での医療費は日本の保険が適用されないので、ものすごい高額になります。

そんな時のために保険に加入することは、とても大事なことなんですよ。

クレカちゃん
海外旅行でのトラブルはつきものですもんね><;

私も海外旅行に行くときは絶対に保険に加入してますよ!

クレカ先生
今回は東京都墨田区にお住まいの37歳(女性)の海外旅行での体験談をご紹介します。

タイのバンコクで体調を崩してしまったみたいですね…

体験談

2016年6月28日にバンコクにあるバンコク病院での受診しました。

楽天カードは利用付帯

私が所有しているのは海外旅行保険が利用できるものです。今回この保険を利用してキャッシュレスで受診してもらいました。私の持っている楽天カード(JCB)は旅費を払うことで初めて海外旅行保険が利用できるカードです。楽天カードを持っている人は、この点は注意したほうが良いでしょう。
タイの首都バンコクには日本語通訳がいる病院が何件かあります。後にネットで調べてわかりました。以前サミティベート病院を受診したことがあります。せっかくなら違う病院も行ってみようと思い、バンコク病院を選びました。インターネットの口コミでも、バンコク病院の方がおすすめといった声も多かったので、そちらを受診することにしました。

バンコク病院での受診のため自宅からタクシーで移動しました。本当はBTSという電車を利用して行きたかったのですが、BTSトンローというところからさらにタクシーで移動しなければならないとのことだったので、そのままタクシーで移動しました。
道路を走っているとバンコク病院の看板が見えました。しかしタクシーはさらに奥に入っていきます。後で分かったのですが最初に見えたバンコク病院のは歯医者専門の建物でした。その奥の建物が本館のようなもので、内科などがここに入っています。私の場合は風邪なので本館での受診となります。

病院に到着してから日本語受付の場所を探すことにしました。1Fを見渡したのですが、見当たりません。入り口付近に会計の場所があったので「日本語受付はどこですか?」と聞いたところ2Fだと言われました。こうして2Fへ移動したのですが、見渡しても日本語受付が見当たりません。
そこで近くにいた病院のスタッフに聞いたところ、奥に入って右側だといわれました。これは初めて訪れた人は場所がわかりずらいかと思います。ちょっとわかりずらい場所だなと感じました。
受付に到着するとまだキャッシュレスの手続きは済んでいないようです。保険会社からの折り返しの電話もまだでした。先に受付をしましょうということになり、写真を撮ってパスポートを出し、受付しました。その後、ソファーにかけて待ってくださいと言われ、ソファーで待っていたところ保険会社から折り返しの電話があり、手続きが完了したとのことでした。

日本人の姿ですが、男性が2人ほどいました。スーツを着ており多分バンコクの会社で仕事をしている人なんだろうなという印象を受けました。それから15分ほど待ったところ英語で血圧をはかりますと言われました。個室に誘導され、血圧をはかりその他、体重と身長もはかりました。
その後、待合室が近い場所で待つよういわれ5分ほど待ちました。すると日本人の女性が現われ、「どうぞ中にお入りください」と言いました。どうやらこの方が通訳の方のようです。中に入り受診したところ、喉のはれがひどく扁桃炎だと言われました。確かに喉が痛かったです。

また「食べ物はどうしているか?」と聞かれました。タイ料理は辛いものが多いのが特徴です。私は辛いものとビールが大好きなのですが、風邪をひいてからはおかゆにするなど控えていました。そのことを伝えたところ「それは良かったです。辛いものは控えてください。そしておかゆなど胃に優しいものを食べてください」と言われました。
タイ料理と言えばひたすら辛いイメージだったのですが、タイでも風邪のときはおかゆをすすめるなど日本と同じ感覚なんだなと思いました。また「水をたくさん飲んでください」とも言われました。

キャッシュレス診療はサインのみでOK

こうした診察は終わりました。「薬を1週間分出すのでこれで治らないようならまた来てください」と言われました。
その後会計をしました。会計はキャッシュレスだったのでサインのみでOKでした。薬も処方されました。タイの薬は日本の薬よりも強いと聞きましたが、確かに強い気がします。副作用も強い印象を受けました。薬を飲むと眠くなり、いつもは1日7時間ほどの睡眠時間ですが、薬を飲んだときは10時間近く寝ています。

外に出てみると日本でもおなじみのサブウェイがありました。おなかもすいたのでサブウェイに立ち寄り、帰宅しました。

この日の料金ですが 領収書には3482バーツと書かれていました。日本円だと1万円を超える額です。保険があってつくづく助かります。海外旅行の際は、クレジットカードの保険を利用するのも良いかと思います。

ゴールドカードだと家族の分もカバーできる保険がついていることもあるそうです。家族で海外旅行を計画されている方はこの機会に調べてみてはどうでしょうか?
私の友人は毎年1週間前後、東南アジアへ旅行しているのですが毎回かならず無制限の1万円の保険に加入しているとのことでした。それであればクレジットカードを利用した方がメリットが高いケースも多々あります。

バンコク病院ですが建物もゴージャスで中にはスターバックスもありました。その他、テナントも入っているのでおなかがすいたり一休みしたいときはそちらを利用するといいでしょう。

海外旅行に保険は必須

クレカ先生
うまくクレジットカードの保険を使って費用をカバーしたみたいですね。

ちなみに「楽天カード」は海外旅行保険が最高2,000万円まで付帯するんですよ。

自動付帯ではなく、利用付帯になるのでココは注意が必要ですね。

ちなみに今回適用された「救援者費用」は最高200万までになります。

クレカちゃん
先生?!今回もキャッシュレス診療がでてきましたね。

https://credit–card.jp/kaigairyokohoken11

クレカ先生
そうですね。

たしか、この方は以前もキャッシュレス診療を受けてますね。

海外旅行に慣れている印象ですね。こうやってキャッシュレス診療の受信方法を覚えておけば海外で現金が必要ないですからね。

なにかと便利だと思います。

クレカちゃん
やっぱり、旅行に行くさいはクレジットカードに付帯している保険を詳しく理解しておくと役にたつってことですね。
クレカ先生
そうですね。

知っているのと、知らないのとでは大分使うお金にも違いがでてくると思いますよ!

クレカちゃん
今度、海外に行くときはしっかりチェックしてみます♪

先生、今日は有難うございました!

楽天カードの詳細はコチラ

楽天市場利用者必見【楽天カード】比較・メリット・デメリット・口コミのまとめ

キャンペーン

クレジットカード特集

クレジットカードオブザイヤー2015
クレジットカードオブザイヤー2016
即日発行可能なクレジットカード
年会費無料のクレジットカード一覧

総合ランキングTOP10

ゴールドカードランキングTOP5