ANA VISAワイドカード

ANA VISAワイドカード


ANAマイルを貯めやすいクレジットカード

国際ブランド:VISA

年会費:7,250円+税
※マイペイす・リボ登録で6,275円+税

家族カード年会費:1,500円+税

ETCカード:初年度無料(2年目以降~500円+税)

マイル還元率:5マイルコース(1ポイント=5マイル)、10マイルコース(1ポイント=10マイル)

電子マネー機能:楽天Edy、iD、PiTaPa

国内航空傷害保険:最高5,000万円

国内旅行傷害保険:なし

海外旅行傷害保険:最高5,000万円

ショッピング補償:最高100万円

インターネットからの申込みで最短3営業日で発行可能

※Apple Pay対応

 

比較リストに追加する
公式サイトへ
ANA マスターワイドカード

ANA マスターワイドカード


ANAマイルを貯めやすいクレジットカード

国際ブランド:Mastercard

年会費:7,250円+税
※マイペイす・リボ登録で6,275円+税

家族カード年会費:1,500円+税

ETCカード:初年度無料(2年目以降~500円+税)

マイル還元率:5マイルコース(1ポイント=5マイル)、10マイルコース(1ポイント=10マイル)

電子マネー機能:楽天Edy、iD、PiTaPa

国内航空傷害保険:最高5,000万円

国内旅行傷害保険:なし

海外旅行傷害保険:最高5,000万円

ショッピング補償:最高100万円

インターネットからの申込みで最短3営業日で発行可能

※Apple Pay対応

 

比較リストに追加する
公式サイトへ

ANA ワイドカードとは

クレカ先生
みなさんこんな経験はありませんか?

ANAマイルをためたい
ANAマイルがたまるカードを作るなら補償が充実していた方が安心
一般のANAカードではちょっと物足りない…など

そんな方のために作られたクレジットカードが、この「ANAワイドカード」。

ワイドと言うだけあって、一般カードにはないサービスがあり、保険の補償額も大幅にアップ!

各国を飛び回るANAマイラーには嬉しい内容ばかりです!!

ゴールドカードのように高額な年会費は払えない…でもちょっぴり、リッチなサービスを受けたい。

そんなワイド企画なANAカード。

アナタも1度体験してみませんか?

ANA ワイドカードはこんな人にオススメ

ANA VISA Suicaカード
  • ANAマイルを貯めている
  • ANAの飛行機に乗ることが多い
  • 電子マネー「楽天Edy」・「iD」を使いたい
  • 保険が充実したクレジットカードが欲しい
  • ビジネス専用のチェックインを利用したい
  • 空港の免税店でお買物することが多い

上記項目に当てはまる方はANA ワイドカードをオススメします。

  • あまり飛行機に乗らない
  • そもそもクレジットカードが嫌い

ANA ワイドカードの特徴

電子マネー搭載

img_edy_01

電子マネー「iD」・「楽天Edy」搭載

「クレジット機能」・「ANAマイル」・「三井住友カード iD」・「楽天Edy」の4つの機能が一体になったカード!

ボーナスマイルをプレゼント

入会時に2,000マイル

毎年のカード継続時に2,000マイル

ボーナスマイルがもらえる!

一般のANAカードよりも1,000マイル多い!!

搭乗ごとのボーナスマイル

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%もらえる!

一般のANAカードよりも15%多くフライトマイルがもらえます!

マイルに移行可能

ためたワールドプレゼントのポイントは、マイルへ移行可能です!

  • ビジネス専用チェックイン
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引 (10%OFF)
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 「ANAショッピング A-style」での割引 (5%OFF)
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売 (5%OFF※1)
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料割引(15%OFF)
  • 空港内免税店での割引 (10%OFF)
  • 国内線・国際線の機内販売割引 (10%OFF)
  • ANAカード会員専用運賃「ビジネスきっぷ」
  • レンタカー割引サービス(国内では、ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーを5%割引)
  • 提携ホテル宿泊割引サービス

一般のANAカードとは違い「ビジネス専用チェックイン」・「提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク」のサービスが付帯!


ANAマイルへの移行について

ポイント種類 獲得ポイント ボーナスポイント
プレミアムポイント
コース 10マイルコース 5マイルコース
交換レート 1ポイント=10マイル 1ポイント=5マイル 1ポイント=3マイル
ポイント移行単位 1ポイント以上1ポイント単位
移行上限 なし
移行所要時間 応募方式 : 約1週間
自動移行方式 : 登録までに約1~2ヵ月
移行方式 応募方式・自動移行方式 応募方式
移行手数料 税抜6,000円+税/年度ごと
(4月1日~翌年3月31日)
無料

「ANA ワイドカード」利用者の声

一般のANAカードに比べ年会費は高額になりますが、ボーナスマイルや旅行の付帯保険を考えると、年会費はすぐにペイできると思います。
ちょっとリッチなANAカードといったところでしょうか。

ANさん

会社員, 35歳、東京都在住

マイペイす・リボに登録して年に1回でもカードを使うだけで、年会費が1000円近く安くなります。
マイペイす・リボは全額支払いにすれば、普通のカードと変わりなく使えますよ。

マイペイすさん

OL, 31歳、神奈川県在住

電子マネーにマイル機能など、1枚で数多くの機能を備えているカードです。

ApplePayにも対応していますし、次世代のキャッシュレス型クレジットカードと言えそうですね。

うりずんさん

会社員, 40歳、福岡県在住

ANA ワイドカードを比較

ANAワイドカードJCB

JCB
  • anajcbwide

  • マイル還元率: 5,400円⇒10マイルコース(年間)/ 無料⇒5マイルコース
  • 年会費:7,250円+税
  • 家族カード:1,500円+税
  • ETCカード:無料
  • 電子マネー機能:楽天Edy、QUICPay、PiTaPa
  • 国内航空傷害保険:最高5,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピング保険:最高100万円

ANA アメリカン・エキスプレス・カード

AmericanExpress
  • anaamexcard

  • マイル還元率:1%
  • 年会費:7,000円+税
  • 家族カード:2,500円+税
  • ETCカード:初年度無料(2年目以降~500円+税)
  • 電子マネー機能:楽天Edy
  • 国内航空傷害保険:最高2,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高3,000万円
  • ショッピング保険:最高200万円
クレカ先生
同じような年会費のANAカードを比較してみましょう。

ANA VISA/Masterワイドカードはマイペイす・リボに加入すると年会費が安くなります。

ANA JCBワイドカードはマイル移行手数料が安いのが特徴。

ANAアメックスカードは、アメックスならではのサービスが付帯するのが特徴です。

年会費を少しでも安くANAマイルをたくさん貯めたい方は「ANA VISA/Masterワイドカード」

マイル移行手数料を安く抑えたい方は「ANA JCBワイドカード」

海外旅行が多い方は「ANAアメックスカード」がオススメです。

ANA ワイドカードQ&A

お支払方法を教えて下さい。


支払方法は1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払いが選択できます。

お支払日を教えて下さい。


15日締め⇒翌月の10日払いとなります。

事前に登録した口座より引き落としされます。

学生でもお申込みはできますか?


学生は学生専用のANAカードがあります。

こちらのカードの申し込みはできません。

切替えについて教えて下さい

・ANA VISAカード
・ANAマスターカード
・ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード

以上のカードからANA VISA Suicaカードへの切り替えはできませんが、重複して持つことは可能です。

ショッピングで直接マイルが貯まりますか?

ショッピングなどでマイルはたまりません!

たまるポイントは「ワールドプレゼント」

このワールドプレゼントを⇒マイルに移行できます。

家族でマイルを合算することはできますか?

ANAカード会員限定サービス

必要なマイル数のみを合算可能です。

国内航空障害保険とは?

ANAのクレジットカードは、国内旅行傷害保険とは別に、「国内航空障害保険」という保険が存在します。

では、いったい何が違うのでしょうか。

結論を先に申し上げますと、適用範囲が違います。

国内旅行傷害保険は、公共機関搭乗中や宿泊施設
国内航空傷害保険は、出発地の空港から到着地の空港までになります。

国内航空傷害保の方が範囲が狭くなります。

銀聯カードの発行はできますか?


別カードとして、銀聯カードを発行可能です。

ANA ワイドカードのメリット・デメリット

メリット

  • ANAマイルが貯まりやすい
  • 海外旅行傷害保険が5,000万円付帯
  • 国内航空傷害保険が5,000万円付帯
  • ショッピング補償あり
  • 電子マネー「楽天Edy」・「iD」が使える
  • 入会・毎年継続時にボーナスマイルがもらえる
  • ネットからのお申込みで最短3日のスピード発行
  • ビジネス専用チェックイン
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
  • 空港免税店で10%OFF
  • ビジネスきっぷ
  • 機内販売10%OFF
  • ANA FESTA 10%OFF
  • A-style 5%OFF
  • 旅行商品5%OFF
  • ビジネス公開講座15%OFF
  • 提携ホテル宿泊割引
  • レンタカー割引

デメリット

  • ANAの飛行機に乗らない人にとっては恩恵が少ない

ANA ワイドカードの口コミ・評判

ANA ワイドカード
  • ユーザーの評価
  • 集計 4 評価
    4 / 5 (1 )
  • 80%
  • (1) レビュー

集計 4 評価
4 / 5 (1 )

80%


  • ポイント還元率
    ユーザー: 78%
  • 年会費
    ユーザー: 50%
  • 付帯サービス
    ユーザー: 76%
  • 発行スピード
    ユーザー: 50%
  • デザイン
    ユーザー: 76%


評価: 4
4 /5 stars

  • ポイント還元率
    ユーザー: 78%
  • 年会費
    ユーザー: 50%
  • 付帯サービス
    ユーザー: 76%
  • 発行スピード
    ユーザー: 50%
  • デザイン
    ユーザー: 76%

どちらか迷いました

日付 2016-12-26 23:55:20

アメックスのANAカードにするか迷ったのですが、海外よりも国内旅行が多いので、ワイドカードを選択しました。
今のところなんの不満もありません。