知っておきたい海外旅行保険のマメ知識!意外と知らないクレカの付帯保険

知っておきたい海外旅行保険のマメ知識!

クレカちゃん
先生?

ちょっと疑問に思ったんですけど…

海外旅行に行ったときに、複数枚のクレジットカードを持っていた場合、どのカードの保険が適用されるんですか?

クレカ先生
海外旅行に行くなら、気にしておきたいポイントですよね!

最近では、海外旅行に行く時にわざわざ保険には加入せずに、クレジットカードの付帯保険でカバーするケースが増えていますし、ココでちょっと海外旅行保険についてお勉強しておきましょう。

クレカちゃん
はい♪

よろしくお願いします^-^

クレカ先生
まず、クレジットカードに付帯している代表的な保険の種類ですが、クレカちゃんは何種類くらい知っていますか?
クレカちゃん
うーん。。

いざ、聞かれてみると…全く解らないです(汗)

クレカ先生
では、おさらいしておきましょう。

クレジットカードに付帯する代表的な保険は以下になります。

・傷害死亡・後遺障害保険
・傷害治療保険
・疾病治療保険
・賠償責任
・救援者費用
・携行品損害

以上の6つが有名ですね。

ゴールドカードだと、もっと豪華な保険が付帯しますが、今回は代表的な6つの保険をみていきましょう。

クレカちゃん
先生?

傷害死亡・後遺障害保険や、傷害治療保険、疾病治療保険は、それぞれ名前を聞いただけでなんとなく保険の内容が解るんですが…

賠償責任や、救援者費用、携行品損害ってなんですか?

クレカ先生
では、順に説明するのでよーく聞いておいてくださいね。

まず、「傷害死亡・後遺障害保険」は死亡してしまった場合におりる保険で、「傷害治療保険」は怪我をしてしまった時におりる保険、「疾病治療保険」は病気をしてしまった時におりる保険です。

「賠償責任」は相手の身体、または物に損害を与えた場合におりる保険で、「救援者費用」とは、旅行中に遭難やけがなどで入院した際に、保険契約者や被保険者の家族などの現地渡航費や捜索費などを補償する保険のことです。

で、最後に「携行品損害」は持ち物が、壊れたり盗難にあった場合におりる保険のことです。

クレカちゃん
なるほど。

そういうことだったんですね。

これだけの保険が付帯するなら海外旅行も安心して行けますね♪

クレカ先生
それでは、始めにクレカちゃんが言ったように、海外旅行保険が付帯するカードを複数枚持った場合について説明します。

例えば、「傷害死亡・後遺障害保険」が付帯したクレジットカードを2枚持ってたとします。

一方は最高5,000万円まで付帯、もう一方は最高1億円まで付帯していたとしますよね?

この場合、どちらの保険が適用されると思いますか?

クレカちゃん
うーん。

5,000万円の方?

クレカ先生
いえ。

この場合は高額な方が適用されるので、最高1億円が補償される形となります。

クレカちゃん
へぇ~。

高い方の保険が適用されるんですね^-^

クレカ先生
続いて、「傷害治療保険」、「疾病治療保険」

病気やケガは海外で一番心配しておかなければならないことです。

一方のカードは最高200万円まで付帯、もう一方のカードは最高300万円まで付帯していたとしますよね?

この場合、どちらの保険が適用されると思いますか?

クレカちゃん
うーん。。

こちらも高額な方の保険が適用されるんじゃないですか?

クレカ先生
いえ。

「傷害治療保険」、「疾病治療保険」の場合は両方のカードの内容が合算されるんですよ!

なので500万円まで補償されることになるんです。

クレカちゃん
おー!!!!

合算されるんだ!

これは、ものすごく安心だし、嬉しい内容ですね^-^

クレカ先生
ただし、注意が必要です!

合算される条件は「異なるカード会社が発行している」ことが条件になります! 

なので、「エポスカード」と「エポスゴールド」と同じマルイが発行するカードだと、保険は合算されないので注意してください。

クレカちゃん
なるほど!

じゃ、他の「賠償責任」・「救援者費用」・「携行品損害」はどうなんですか?

クレカ先生
こちらも、「傷害治療保険」、「疾病治療保険」同様に補償金額が合算されるので安心してください。
クレカちゃん
おー!

なら、保険が付帯するクレジットカードを複数枚持ってた方が安心ですね♪

クレカ先生
そうなんです!

カード会社によっては「海外旅行傷害保険が自動付帯されるカードを2枚以上お持ちの場合は、それらのカードの死亡・後遺障害保険金額のうち、最も高い保険金額が限度となります。」

と、合算できないような記載を書いている会社もあるんです。

カード会社からしてみれば、合算されると損してしまいますからね。。

ワザと合算できないような書き方をしているんです。

クレカちゃん
へぇ~♪

裏を返せばそれだけ「おトクな情報」ってことですね^-^

クレカ先生
そうなんです!

それと、クレジットカードによっては「利用付帯」と「自動付帯」の2種類があるのを忘れない様にして下さい。

クレカちゃん
大丈夫です♪

利用付帯は、クレジットカードを使わないと保険が適用されないんですよね?

クレカ先生
その通りです。

クレジットカードを使って旅行代金を支払った場合のみ適用されるので「利用付帯」のカードは注意が必要です。

「自動付帯は」その名の通り、自動で保険が付帯するので持っているだけで保険が適用されます。

クレカちゃん
なるほど!

これは知ってるのと、知らないのでは大きな違いがありますね♪

先生?

もしクレジットカードを複数枚持って行くとしたらオススメのカードってありますか?

クレカ先生
はい!

1枚は「エポスカード」
2枚目は「横浜インビテーションカード」ですね!

2枚とも年会費無料で保険が自動で付帯するので、持っておいて損はありませんよ!

この2枚を持っていれば、海外では安心でしょう。

エポスカード

「マルコとマルオの7日間」にはマルイで10%オフ!【エポスカード】比較・メリット・口コミまとめ[審査もかんたんで即日発行]

横浜インビテーションカード

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯【横浜インビテーションカード】比較・メリット・口コミまとめ

クレカちゃん
おー!

年会費無料なら、持っているだけでお得ですね♪

クレカ先生
はい!

このように保険内容が合算されることを、あまり知らない人も多いので知っておくと便利ですよ♪

クレカちゃん
はーい♪

これで海外旅行も安心して行けます♪

クレカ先生
保険に頼ることも大事ですが、自分の身は自分で守るのが1番大事ですからね。

そのことは忘れないようにしてください!

クレカちゃん
はい♪

先生!今日は有難うございました^-^

キャンペーン

クレジットカード特集

クレジットカードオブザイヤー2015
年会費無料のクレジットカード一覧

総合ランキングTOP10

ランキング TOP10

ゴールドカードランキングTOP5