フィリピンのセブ島で盗難にあい携行品損害がおりた例(エポスカード)

フィリピンのセブ島で盗難にあい携行品損害がおりた例

f6e99d631a72a54a5a8c197839456137_s

クレカ先生
クレカちゃんは海外旅行で盗難にあった経験はありますか?
クレカちゃん
いえ。。

運よくまだありません。

クレカ先生
海外では、いつなにが起こるか解りません。

海外で盗難の被害にあわれる方は本当に多いですからね。

今開催されているリオデジャネイロオリンピックでも、ニュースで盗難の被害が報道されていますよね。

クレカちゃん
たしかに友達も盗難にあった経験のある人たちが何人かいます…。

他人事じゃないですね(汗)

クレカ先生
そうですね。

海外旅行に行くなら物の管理は絶対にしっかりしておくこと!

それと万が一に備えて保険に加入することは物凄く大事なことです。

クレカ先生
今回は神奈川県相模原市にお住まいの42歳(女性)の海外旅行での体験談をご紹介します。

フィリピンのセブ島で盗難にあってしまったみたいですね…

体験談

友人とフィリピンのセブ島へ

約5年前、友人とフィリピンのセブ島に旅行に行った時の出来事です。

20代も半ばに差し掛かり、それなりに貯金もあった自宅通いのOLだった私たち3人は、会社の夏休み、どこか海外のリゾート地でのんびりしようと計画を立てました。

ハワイは値段が高かったので、アジアに候補を絞り当時はまだそれほど人気も高くなかったセブ島のフリープランのツアーを予約しました。

3泊4日の旅でしたが、フィリピンの田舎の島といった感じだった当時のセブ島には、ホテルの他に特にアクティビティーらしきものはありませんでした。
到着翌日はシュノーケリングの日帰りツアーに参加し、3日目は街で買い物をした後は特にすることもなく、ホテルのプールで泳ぐことになりました。

ホテルは海外旅行者向けの高級リゾート、コンドミニアムタイプで、それぞれの部屋が離れにありました。

南国の素朴な雰囲気がとても素敵だったのですが、高級ホテルにしては建付けが悪く、ドアの締まりがあまり良くないのが気になっていました。
次の日が帰国なので、荷物をある程度片づけてから、夕方のプールで1時間ほど泳いだでしょうか。
一人の友人は風邪気味だったため泳がずにプールサイドで寝そべっていました。
その時、ホテルの従業員が何人か、私たちの方をちらちら見ていたと言っていました。

なにか用なのかと目を合わせると、そそくさと逃げるようにどこかへ行ってしまったと友人が後で言っていましたが、もともとあまり愛想のよいスタッフがいなかったので、たいして気にせずにプールから上がり、レストランで夕食を食べ、その日は早くに就寝しました。

翌日、ホテルをチェックアウトしセブ空港で出国の手続きをしていると、飛行機が遅れるとのことでした。
荷物の積み込みに時間がかかっているらしい、というようなことを近くにいた外国人が話していました。
予定よりかなり遅れての出発で、乗り継ぎのマニラではかなりバタバタしましたが、無事に日本に到着することが出来ました。

成田から電車に乗るために、お財布をカバンから取り出しました。

私は2つお財布を持ってきていて、現地通貨の入ったお財布を機内持ち込みのショルダーバックに。
現地では使用しない日本円の入った財布をボストンバッグに入れていたことを思い出し、南京錠を外してボストンバッグを開け、もう一つの財布を取り出しました。

セブ島で盗難に

財布を開けてみて、唖然としました。

1円玉以外、全てなくなっていました、いつのまにか盗まれていたのです!(他カメラ・タブレットも)

しかも、最悪なことにクレジットカードも現地で使う機会がなかったため、こちらの財布に入れてしまっていたのです。
もちろんクレジットカードも無くなっていました。
私だけではなく、もう一人の友人も同じように財布の中身を盗まれていました。
唯一、ハードタイプのスーツケースできちんとベルトを巻いていた友人のみ、財布の中は無事でした。

とにかくクレジットカードが不正利用されてしまうことが怖かったので、空港からクレジットカード会社に盗難の連絡をしました。
迅速な対応ですぐにカードはストップしていただき、とりあえず一安心でしたが、日本円が全くないので、電車にも乗れません。

友人にお金を借りて自宅に帰り、最寄りの警察に盗難届を出しました。
どこで盗まれたのかを聞かれ、思い当たるシーンを考えてみると、昨晩のプールサイドでこそこそしていたホテル従業員と、空港の手荷物検査の係が怪しいと思いました。

フィリピンという国は警官すら信用出来ないと聞いていたので、飛行機の遅延も、裏で預かり荷物を開けて係が盗んでいても不思議ではありません。

ホテルのドアがガタガタしていて簡単に外から開けられそうだったのも、後から考えると従業員がいくらでも侵入出来たと思います。

そんなわけで、楽しかった旅行は帰国直後から大変な騒ぎになってしまいました。
クレジットカード会社とは後日連絡を取り合い、私が帰国した日にすでに10万円近く使われていたことが判明しました。

カードの裏側に私はきちんとサインをしていたのですが、どうやらそれも消されていたようでした。
しかし、カードの盗難保険が適用されたので、その分は請求されることはありませんでしたが、盗まれた現金2万円は当然戻ってきません。

携行品損害が適用

カメラとタブレットの分は携行品損害がおりたので、10万円近くは戻ってきました。
(盗難にあった証明が必要だったので、警察で書類を作成しました)

この盗難事件で学んだことは、海外旅行の際は、現金を持ち歩くよりカードの方が安全だということです。

つくづくクレジットカードの有難さを感じた出来事でした。

そして、貴重品は必ずホテルではフロントのセーフティーボックスに預けること(私たちはホテル内は安全だろうと思い、部屋の荷物の中に入れっぱなしにしていました)
飛行機では預け荷物に入れないこと、荷物はしっかり鍵のかかるスーツケースに入れてしっかりバンドを締めておくことも大切だと思いました。

また、万が一財布を盗まれてしまったらすぐにカード会社に連絡すること、連絡先をメモしておくこと(これはなぜかこの時の私はメモを持ち歩いていた)、私はたまたま大丈夫だったけれど、カードの裏側には消えないようにしっかりとサインをしておくことが大事だと思います。

海外旅行に保険は必須

クレカ先生
クレジットカードの保険が適用されたみたいですね。

ちなみに「エポスカード」は海外旅行保険が最高2000万円まで自動で付帯します。

今回適用された「携行品損害」は最高20万までですね~。

クレカちゃん
先生?!携行品損害ってなんですか?
クレカ先生
旅行中に携行する身の回り品のことを携行品といいます。

呼んでその名のごとく「携行品損害」ですから携行品が損害や盗難などにあった場合に適用される保険のことですよ。

クレカちゃん
そうなんだ~!

全部のクレジットカードに携行品損害ってあるんですか?

クレカ先生
いえいえ。

携行品損害がおりるクレジットカードは希少なんですよ。

エポスカードは年会費無料でありながら、携行品損害が付帯するクレジットカードなので海外旅行者から非常に人気のカードなんです。

クレカちゃん
へぇ~。

持ってるだけでお守りになってくれるんですね♪

私もエポスカード作ろうかな^-^

クレカ先生
そうですね。

エポスカードは海外旅行行くなら絶対におすすめのクレジットカードですよ!

エポスカードの詳細はコチラ

「マルコとマルオの7日間」にはマルイで10%オフ!【エポスカード】比較・メリット・口コミまとめ[審査もかんたんで即日発行]

キャンペーン

クレジットカード特集

クレジットカードオブザイヤー2015
年会費無料のクレジットカード一覧

総合ランキングTOP10

ランキング TOP10

ゴールドカードランキングTOP5